刻の大地復活に涙

こんにちは。三國です。

今回は連載再開を果たした「刻の大地」について書かせて頂きます。

未完のまま連載終了してはや15年…。
私の青春時代の思い出は「刻の大地」とほぼイコールといっても過言ではないです。

小学3年生くらいのときですかね。
「魔法陣グルグル」からガンガンを買い始めた私が刻の大地の連載を初めて見たのは。
表紙&巻頭カラーで華々しく連載がスタートした「刻の大地」。
「幻想大陸」や「レヴァリアース」の存在はその時点で知らず、夜麻みゆき先生のオッツキイムワールドに触れたのはコレが初めてでした。

世界観の大きさと、独特な神話性のある空気に圧倒され毎月のガンガンを読むことが楽しみでした。。

Gファンタジーへの連載の移行等ありましたが、連載終了が発表されるまでそれは変わっていません。
お年玉の大半をグッズにつぎ込んだり、OVAをビデオが擦り切れるほぼ見たり。。。
(声優のキャストに緒方恵美さんがいらっしゃったのが印象的でした。)
実家のヲタグッズは大分整理しましたが、「刻の大地」のグッズだけは全部捨てられず大切にしまってあります。

物語の中で印象的なのは、2部が始まったときでしょうか。
登場人物が一新されナドゥが出てきたときは、どういう展開になるかハラハラしていましたが、
刻の大地とレヴァリアースが交じるイリアと接触したときは感動しました。


また、画集のオッツキイムのときのサイン会は、行きたかったけど遠くて行けなかったのを覚えています…。
懐かしいなぁ。

勿論「トリフィルファンタジア」や「不思議の環~RIDDLE~」も好きでしたが、
刻の大地の続きを読みたい…。という思いはずっと持っていました。

時代が進んで今やスマホでも漫画が読める時代。
昔の作品を気軽に読めるようになったのは良いなと思う半面、
夜麻みゆき先生の巻頭カラーの水彩画を見たときの衝撃は味わえないだろうなと…。
そんな感情が渦巻いています。

クラウドファウンディングにおける連載再開のお知らせ

そんな中なんとCAMPFIREでなんと連載再開のための資金集めの情報が!!!

漫画【刻の大地】未完のまま連載中止した「塔の戦い編」の完結プロジェクト

もう感動して少し泣いちゃいましたよね。。
しかも気づいたのが募集を締め切ってしまった後というのが… orz
小さい頃とは違い諭吉を突っ込む準備はいつでもできていたというのに!!!?!

それでも一定期間に続きを読めるこの環境に、感動し満足しています。

刻の大地を知らない!という方に、是非読んでいただくために

刻の大地について

あらすじ

簡単にあらすじを説明します。

かつて、この世界は邪神竜ディアボロスによって魔物が束ねられ、魔物が凶暴化していた。しかし14年前、当時7歳で勇者と呼ばれた少年ザードがディアボロスを倒したことで魔物が沈静化し平和な世界が訪れた。
しかし4年後にディアボロスは復活し、魔物が再び凶暴化し始めてしまう。ザードは再びディアボロスに会うために向かったが、彼が帰ってくることはなかった…。
時は4996年、ザードの親友であるカイは、ザードが語っていた「人間と魔物の共存」が本当に可能か確かめるために旅をしていた。旅の途中、魔物と心を通わせる不思議な少年「十六夜」とダークエルフの生き残りらしい褐色の肌の剣士「ジェンド」と出会う。カイは彼らに「人間と魔物の共存」の可能性を見出し彼らと旅するようになる。

参考 Wikipedia

という感じなのですが、やはりおすすめは
レヴァリアース ≫ 刻の大地
の順で読むべきです。(幻想大陸はあとでも大丈夫)

今は
●メディバンマンガ

●マンガ図書館Z

【刻の大地】無料で漫画を読むなら「マンガ図書館Z」会員登録なしで今すぐ読める!名作漫画から今注目の人気漫画まで無料で読み放題!新着漫画も続々公開!TL・BLも盛り沢山!

などで読めるので是非読んでみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする